福島第1原発・2号機に「溶融燃料」 格納容器の底部で初確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力は19日、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使った原子炉格納容器内部の調査を実施した。格納容器の底部に核燃料集合体の一部が落下しているのを確認、その周辺で見つかった小石状の堆積物が「溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性が高い」と明らかにした。

 2号機でデブリを確認したのは初めて。記者会見した東電の木元崇宏原子力・立地本部長代理は「デブリで原子炉圧力容器の底部に穴が開き、中から燃料集合体が落下した。デブリに間違いないだろう」と述べた。

 これまでの東電の調査で、2号機はデブリの大部分が原子炉圧力容器の底に溶け落ち、その一部が圧力容器を突き抜け、格納容器の底に落下している可能性が指摘されていた。今回の調査結果は、これまでの推定を裏付ける内容となった。

 2019年度を目標とするデブリ取り出しの初号機選定と工法確定の重要な判断材料とする方針。調査ではこのほか、格納容器底部の全体に粘土状の堆積物も確認した。

 調査は午前6時~午後4時30分に実施。格納容器の貫通部から長さ約13メートルのパイプを挿入、圧力容器の真下にある格子状の作業用足場の脱落部分から、先端のカメラをケーブルでつり下ろして撮影した。カメラには温度計と線量計も設置されており、今後、測定結果を公表するとしている。

 昨年1~2月の2号機の調査では、金属などの溶融物が作業用足場を広範囲に脱落させ、足場の下からは水蒸気が立ち上る様子を確認していた。

 デブリの可能性が高い物体を確認したのは昨年7月に行った3号機格納容器内の水中ロボット調査以来。