売り上げ全国トップクラスに 幸楽苑「いきなり!ステーキ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社した(右から)渡辺取締役、新井田副社長、高松次長

 幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)が昨年12月、福島県福島市にオープンさせたステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」福島太平寺店の売り上げが全国の同チェーン店189店舗でトップクラスになっている。新井田昇副社長が19日、新年あいさつのため福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、明らかにした。

 同店は幸楽苑HDがステーキチェーン店を手掛けるペッパーフードサービス(東京都)とフランチャイズ(FC)契約を結び、出店した県内1号店。平日でも行列ができるなど客足は順調で、新井田副社長は「予想以上の好調な滑り出し。今年は勝負の年で『いきなり!ステーキ』を一つの起爆剤として本業のラーメン店の完全復活を目指す」と話した。

 幸楽苑HDは「いきなり!ステーキ」を2月下旬の会津若松市、3月下旬の郡山市を含め、3月末までに計6店舗を出店する。

 西日本を中心に52店舗を閉店するラーメンチェーン店の幸楽苑については、新設した教育部と店舗支援室の取り組みで「サービスだけでなくクオリティーも上がっている。店舗ごとに『現場力』を上げ、客の支持を高めていく」とした。

 渡辺秀夫取締役内部監査室長、高松雄一郎社長室次長が同行した。