なりすまし300万円被害 60代女性、息子名乗る電話信じ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 田村市の60代女性が息子を名乗る男の電話を信じ、300万円をだまし取られたことが20日、田村署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、女性方に18日夜、息子を名乗る男から「相談がある」と電話があった。19日にも男から「会社に内緒で300万円借りた。今日中に返さなければならない。貸してもらえないなら消費者金融から借りるしかない」と電話があった。

 話を信じた女性は市内の金融機関で現金を用意し、女性方を訪ねてきた息子の友人を名乗る男に300万円を手渡した。この後、息子に確認し、だまし取られたことが分かった。