元巨人選手と夢の時間 鈴木尚広さん、上原浩治投手が福島で指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
走り方を指導する鈴木さん(左)=20日午前、福島市・あづま総合体育館

 メジャーリーガーの上原浩治投手と、プロ野球・元読売巨人軍選手でみんゆう県民大賞を受賞した鈴木尚広さん(相馬市出身)を招いた小、中学生向け野球教室「ふくしまベースボールドリームbeyond2020」が20日、福島県福島市のあづま総合体育館で開かれ、上原投手、鈴木さんが子どもたちに上達のこつや夢を持つことの大切さを伝えた。東邦銀行、県の主催、福島民友新聞社などの後援。

 県内の野球やソフトボールチームに所属する小、中学生約300人が参加。上原投手は投球、鈴木さんは走塁を指導したほか、参加者とのストラックアウト対決で会場を沸かせた。

 上原投手はトークショーで「プロ野球選手の共通点は自分で考えて行動できること」と紹介。鈴木さんは本県での東京五輪の一部試合開催について「高校時代やプロ野球時代に試合をしたあづま球場で行われるのはうれしい。震災復興のシンボルにもなる」と語った。

 上原投手から投球のアドバイスを受けた浅川中野球部1年の生徒は「投げる時の姿勢などを教えてもらった。全部を練習に生かしてうまくなりたい」と目を輝かせた。