新人・門馬氏が初当選 現職に競り勝つ、南相馬市長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う南相馬市長選は21日、投開票が行われ、無所属の新人で元市経済部長の門馬和夫氏(63)が、3選を目指した無所属現職の桜井勝延氏(62)を破り、初当選を決めた。

 原発事故で小高区などに出されていた市の大部分の避難指示が解除されて初の市長選。

 これまで復旧・復興を担ってきた現市政の評価や教育・子育て支援策、地域医療の再生などが問われた。

 門馬氏は豊富な行政経験を前面に、100年先を見据えたまちづくりを訴え、現職に競り勝った。

 任期は29日から4年。投票率は62.39%で、前回を0.43ポイントを下回った。