福島県で中・浜通り中心に「大雪」恐れ 気象台が警戒呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 低気圧が発達しながら日本列島の南岸を東進する影響で、県内は22日昼すぎから次第に湿った雪が降り、23日にかけて中通りや浜通りを中心に大雪になる所がある見通しだ。福島地方気象台は大雪による交通障害に警戒を呼び掛けるとともに、湿った雪による電線や樹木などへの着雪、ビニールハウスの倒壊、積雪の多い地域での雪崩への注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、22日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で10センチ。23日から上空に強い寒気が流れ込み、降雪量はさらに増えると予想される。同日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で20~40センチの見込み。強い冬型の気圧配置は27日ごろにかけて続くという。

 また、22日夜遅くから23日未明にかけ、海上では雪を伴った東寄りの暴風となる見込み。22日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は浜通り海上18メートル(30メートル)、陸上12メートル(25メートル)、中通り陸上12メートル(25メートル)。同日に予想される波の高さは4メートル。