20年の歩み記念誌に 国見・人形劇サークル「エプロン」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
記念誌をPRする会員

 国見町の人形劇サークル「エプロン」(鈴木道代代表)は22日までに、20周年記念誌を発行した。

 同サークルは1995(平成7)年度に子育て中の主婦が集まり、創設した。県北の幼稚園や保育園、公共施設で、ボランティアで人形劇を上演している。

 記念誌には、これまでの公演場所や上演作品、メンバーの思いなどをまとめた。公演先に配布する。

 同サークルは公演依頼を受け付けている。

 問い合わせは鈴木代表(電話024・585・3320)へ。

 鈴木代表ら会員5人は、福島民友新聞社県北支社を訪れ、記念誌をPRした。