「喜方巻」節分にいかが 道の駅・喜多の郷で限定発売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
節分に合わせ販売される「喜方巻」と「ジャパニーズドッグ」

 2月3日の「節分」に合わせ、喜多方市の道の駅「喜多の郷」レストランふるさと亭は、「恵方巻き」の喜多方版「喜方巻(きほうまき)」と、戌(いぬ)年にちなみアメリカンドッグの日本版「ジャパニーズドッグ」を限定販売する。

 「喜方巻」は同レストランが毎年販売している人気商品。麓山高原豚のチャーシュー、メンマ、ナルトなどをしょうゆラーメンスープ味のたれをからめて巻いている。

 「ジャパニーズドッグ」は、あらびきウインナー、厚焼き卵、キュウリ、生野菜にケチャップとマスタードで味付けした太巻き。長谷川義紀料理長は「子どもが好きな具材を入れた」と話す。どちらも県産ブランド米「天のつぶ」の酢飯を使っている。同レストランを経営する同市ふるさと振興の木村弘幸事業部長は「笑いながら家族で食べてほしい」とPRする。

 両商品とも1本390円(税込み)で、2本セットは750円(同)。完全予約制で29日までに申し込む。商品の受け渡しは2月2、3日。問い合わせは同市ふるさと振興へ。