会津中心に大雪...只見で積雪1メートル81 雪崩などに警戒続く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雪かきをする町民=24日午後、金山町

 強い冬型の気圧配置の影響で、24日の県内は、只見町で積雪の深さが1メートル81になるなど会津を中心に大雪となった。強い冬型の気圧配置は27日ごろにかけて続き会津を中心に大雪になる見通しで、福島地方気象台は大雪による交通障害やビニールハウスの倒壊、雪崩への注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、24日午後4時までの24時間降雪量は只見町61センチ、南会津町南郷43センチ、金山町41センチ、西会津町35センチ、檜枝岐村28センチ、会津若松市27センチ。積雪の深さは檜枝岐村で1メートル36、南会津町南郷で1メートル28などとなった。

 25日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で会津の平地30センチ、山沿い70センチ、中通りの平地10センチ、山沿い30センチ。その後も会津を中心に降雪が増え、26日午後6時までに予想される24時間降雪量は会津40~60センチ、中通り10~20センチ。