「信号柱」倒れ国道121号ふさぐ 車両衝突か?根元から折れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
根元から折れて国道121号をふさぐ信号柱=25日午後5時5分ごろ、南会津町

 25日午後2時35分ごろ、南会津町の国道121号に設置された信号柱が倒れていると、地元の通行人から110番通報があった。信号柱は同国道をふさいだため上下線が約3時間にわたり通行止めとなり、周辺道路は帰宅時間とも重なり渋滞した。けが人はいなかった。

 南会津署によると、信号柱には押しボタン式の信号機が取り付けられていた。コンクリート製で長さ約10メートル、直径約50センチで、根元から折れていた。同署は現場の状況から、信号柱は車両が衝突して倒れた可能性があるとみて原因を調べている。別の住民からは「(信号柱は)最初は斜めに傾いていた」との通報もあり、いつ倒れたのかについても特定を進めている。