雪国体験で交流 長崎の高校生、福島・南会津で農家民泊

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雪遊びを体験する生徒

 長崎県の鹿町工高の生徒は23~25日の3日間、南会津町を訪れ、農家民泊やスキーなどを体験し、雪国の魅力を満喫した。

 訪れたのは、同校の2年生ら約150人。町農村生活体験推進協議会の雪国体験プログラムに参加した。

 会津高原たかつえスキー場では、軟らかな雪質「パウダースノー」のコースをスキーやスノーボードで力強く滑走した。

 各農家では、地元住民と交流を深めるとともに、除雪作業も体験した。