広野・亀山神社で7年ぶりに復活 豊作、厄よけ祈る「百矢祭」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
亀山神社で7年ぶりに開かれた「百矢祭」

 地域の結び付きを強めようと、広野町の亀山神社で27日までに7年ぶりに開かれた「百矢祭」では、法被姿の住民代表が境内で矢を放つ伝統の祭りが復活した。豊作や厄よけを祈願し、鬼や太陽を象徴する八咫烏(やたがらす)などが描かれた的に矢が刺さると、見物客から射手に拍手が送られた。