栃ノ心に福島県知事賞 副賞に天のつぶや福島牛、大相撲初場所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島県知事賞を受け取り笑顔を見せる栃ノ心関

 内堀雅雄知事は28日、大相撲初場所で初優勝した栃ノ心関に知事賞を贈った。賞状と賞金50万円、優勝杯のあかべこトロフィー、副賞の県オリジナル水稲品種「天のつぶ」1トンなどの農産物を贈呈した。知事賞は今回で16回目。

 内堀知事は、両国国技館の土俵上で「連日よく健闘し優勝されました」とあかべこトロフィーを手渡した。続くアナウンスでは副賞について「ふっくらとおいしい福島の新しいお米・天のつぶ、霜降りの鮮やかな極上の味・福島牛」と紹介され、会場が沸いた。

 表彰式後に福島民友新聞社などの取材に応じた内堀知事は「大けがで幕下に落ちた逆境を越えて優勝された。復興に向かって頑張っているわれわれにとっても大きな励み」と語った。

 副賞は「天のつぶ」や福島牛10キロのほか、旬の産品のニラや春菊、シイタケ、ネギ、あんぽ柿を計36キロ分そろえた「ふくしま愛情野菜果実詰め合わせ」を贈った。