色とりどり「つるし飾り」3500点展示 吾妻つるしびな愛好会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色とりどりの人形をつるしたつるしびなやつるし飾りが並ぶ会場

 つるしびな愛好家の須田美起子さんと須田さんが講師を務める吾妻つるしびな愛好会(国井フクヨ会長)は2月4日まで、福島市佐倉下の旧佐久間邸で「ひと足早いつるしびな・つるし飾り」展を開いている。

 須田さんと約80人の会員が手掛けたひな飾りや梅の花などをひもでつるしたかわいらしいつるし飾りや、個性豊かな表現の犬の人形など約3500点を展示している。色とりどりの布地で作られた温かみのある作品が来場者を楽しませている。

 須田さんは「子どものすこやかな成長を願って一針ずつ手縫いで仕上げたにぎやかな作品を見に来てほしい」と来場を呼び掛けた。

 入場無料。午前10時~午後4時。