ベトナムで観光誘客 福島県などがチャーター便運航PR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本酒が配合された化粧水をPRするグエンさん

 県や「ふくしま・ベトナム友好協会」などは27、28の両日、ベトナム最大の経済都市ホーチミン市で開かれた「第5回ジャパン ベトナム フェスティバル」に出展し、本県観光や県産品の魅力をPRした。2日間で約5000人が本県のブースに来場したほか、県が運営する交流サイト「フェイスブック」の読者「フォロワー」に約1400人が登録した。

 2~4月に連続運航されるベトナムチャーター便を利用した観光誘客や、さらなるチャーター便の運航に向けた福島空港の知名度向上などが目的。本県ブースには、観光PR動画コーナーやサムライ体験コーナー、磐梯山を背景としたフォトコーナーなどが設置され、来場者の関心を集めた。

 また、ベトナム人女性の美容への関心の高さに着目し、同国の人気モデル、グエン・ナム・フォンさんが日本酒を配合した「会津ほまれ化粧水」を紹介した。

 ふくしま・ベトナム友好協会は土湯温泉のこけし絵付け体験を実施し、両国の相互理解の促進を図った。