香港メディア、福島を視察 観光誘客に向けツアー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
視察する香港メディア関係者ら

 福島県が香港メディア関係者を招いた本県観光地視察ツアーが29日、三春町などで始まった。メディアの情報発信力を活用し、香港からの観光誘客を狙う。2月1日まで。

 県観光交流課によると、香港から本県への宿泊者数は2010(平成22)年1~10月で延べ2540人。16年同期は730人で震災前と比べると減少しているものの、17年同期は1140人と回復傾向にある。

 ツアーは観光客増に向けた事業の一環。香港の新聞社や出版社から記者や編集者計3人を招いた。

 初日の29日には、いわき市や三春町を巡った。同町の県環境創造センターでは東京電力福島第1原発の模型や、環境回復の取り組みを紹介するパネル展示を見学した。

 30日から最終日までは会津地方を訪れる。