屋根から落雪で66歳男性重傷 福島・昭和で民家除雪中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 29日午後0時45分ごろ、昭和村の民家で、除雪中の同村、会社員男性(66)が、屋根から落ちてきた雪の下敷きになったと民家の住民から119番通報があった。男性は左脚の骨を折る重傷。

 会津坂下署と会津若松地方消防本部によると、男性は除雪の手伝いでこの民家を訪れていた。