刑事部長に菅野氏、福島署長は久野氏 福島県警・人事異動内示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県警は30日、定期人事異動を内示した。警部以上、所属長などの一般職員(警察行政職員)の対象者は前年より12人少ない318人。今春の定期人事異動は、6月の全国植樹祭の警衛警備に向けた態勢を万全とするため、異動を約1カ月前倒しする。発令は警部以上が2月13日。警部補以下などは3月下旬の予定。

 主要部門、主要署の部長や署長などを務める警視正ポストは、本部の刑事部長に菅野年幸福島署長が就任する。生活安全部長は横田雄也首席監察官。首席監察官は斎藤佳史警務課長が警視正に昇任して就く。

 一線署は、福島署長に久野浩生活安全部長が就く。郡山署長は国分政康総務監、いわき中央署は佐治誠会計課長がいずれも警視正に昇任し就任する。

 阿部栄交通部長と佐藤正人警備部長は留任する。植樹祭に向けて業務の継続性を重視したとみられる。