「福島の現状伝えたい」 宮崎県・河野知事、復興状況を視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事と意見交換した宮崎県の河野知事(右)

 宮崎県の河野俊嗣知事は29日、復興状況を視察するため福島県を訪れた。県庁では内堀雅雄知事と意見交換し、応援職員の派遣など今後も福島県復興に向けた連携推進を確認した。

 内堀知事は宮崎県の職員派遣、避難者支援に謝意を示し、「復興は前進しているが原子力災害で難しい部分もある。視察を通じて感じていただければうれしい」と語った。

 河野知事は震災前、わが子の少年サッカー全国大会でJヴィレッジを訪れたことなどに触れ、「復興には時間がかかる。私としても宮崎県民に機会を捉え、福島の現状を伝えていきたい」と述べた。

 河野知事の視察は、全国知事会議で内堀知事が全国の知事に呼び掛けたことで実現した。

 河野知事は廃炉作業が進む東京電力福島第1原発などを訪れたほか、県庁では宮崎県から本県に派遣されている職員2人と意見交換した。