倍率3カ月連続1倍超 福島県内の正社員求人、過去最高

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島労働局によると、昨年12月の県内の正社員の有効求人倍率は1.11倍と3カ月連続で1倍を超え、2004年11月の統計開始以降で過去最高となった。

 同労働局は、求人倍率上昇の背景に、人手不足から正社員を雇用したいという企業行動と、働き方改革に伴う正社員への雇用転換の動きがあるとみている。

 一方、昨年12月の新規求人数は1万4605人で、前年同月比2.8%増。サービス業や製造業、医療・福祉などで増えた一方、宿泊・飲食サービス業や卸売・小売業で減少した。