神秘的な造形美「氷瀑」 須賀川・八流の滝が凍りつく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
氷の造形美を見せる八流の滝=31日午前、須賀川市小倉

 連日の冷え込みで、福島県須賀川市小倉の「八流の滝」が凍り付き、神秘的な氷の造形美を見せている。

 須賀川観光協会によると、ここ数年では最も大きな氷瀑(ひょうばく)になっているという。

 八流の滝は幅約10メートル、落差約5メートルの滝。岸壁から川の水が8条に分かれて流れ落ちることから、この名前がついたといわれる。

 【動画】凍りついた「八流の滝」 須賀川、神秘的な造形美