AM放送「ラジオ福島」受信可能に! 金山に補完中継局が完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
難聴解消を祝う子どもたちと長谷川町長(後列左から3人目)、丹治常務取締役(同2人目)ら

 金山町がAMラジオ放送の難聴対策のために整備した金山FM補完中継局が完成し、1月30日、町内のほぼ全域でラジオ福島の受信が可能になった。同日、町内でセレモニーや記念の生放送が行われた。

 町内ではAMラジオを聴くことが難しいため、2011(平成23)年の新潟・福島豪雨を契機に、災害時の町民への情報発信を強化しようと町が整備した。

 これまで東金山、西金山の両中継局が整備されており、今回の完成で町内のほぼ全世帯でラジオ福島を聴くことが可能になった。

 本放送開始式は同町の川口保育所で行われた。ラジオ福島の放送中に中継が結ばれ、子どもたちや長谷川盛雄町長、同社の丹治睦夫常務取締役、福島市出身のタレントなすびさんらがカウントダウンに続いてオンエアボタンを押し、運用開始を祝った。

 ラジオの周波数は、本名、川口など町北東部が77.8メガヘルツ、横田など北西部と玉梨など南部が79.3メガヘルツ。