児童の笑顔...校舎にプロジェクションマッピング 福島・南向台小

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
児童の写真を映したプロジェクションマッピング

 福島市の南向台小で31日に行われた「学校でプロジェクションマッピング!」では、校舎をスクリーンに、映し出された復興への思いを込めた立体的な映像が子どもたちを引き込んだ。

 植樹やプロジェクトマッピングを通じた復興イベントを手掛けるfukushimaさくらプロジェクトとNHKエンタープライズなどの協力で実現した。

 かわいらしい赤べこが大活躍する「転校生X、大はしゃぎ!」と同校の生徒らの写真を映した「南向台小に花が咲く」の2本の映像が映し出されると、集まった子どもたちから歓声が上がっていた。