月に魅せられ... 「皆既月食」を観測、福島県内でも天体ショー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき市の上空に浮かび上がった皆既月食で赤銅色となった月=31日午後9時50分ごろ(多重露光)

 地球の影に満月が全て隠れる「皆既月食」が31日、3年ぶりに国内で観測された。同日、福島県内は雲が多い所があったものの、いわき市を中心に晴れ間があり、大勢の人が珍しい天体ショーを楽しんだ。

 満月は普段より地球に近い位置にあって大きく見える「スーパームーン」の状態。また、同じ月に2度目の満月は「ブルームーン」と呼ばれており、今回の皆既月食は「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と呼ばれ、皆既月食でも大変まれな現象という。

 次回の皆既月食は7月28日だが、明け方近くの時間帯で、観察にはあまり適さないという。