「ハンガリーフェア」開幕 郡山・12店舗、食文化に触れ味わう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホテルハマツ内のコーヒーハウストレールで販売している「グーラッシュ」

 郡山市は1日、ハンガリーの食材を使った料理を提供する「ハンガリーフェア」を市内飲食店など12店舗で始めた。特産のコイを通じて交流がある同国の食文化に触れてもらおうと初めて企画した。28日まで。

 各店では同国で「食べられる国宝」とされる「マンガリッツァ豚」を使ったカツサンドやアイガモと郡山産野菜のアヒージョのほか、ワイン、陶器などを販売している。

 同市のホテルハマツのコーヒーハウストレールでは同国の家庭料理「グーラッシュ」をディナータイムで提供。牛バラ肉を同国産ワインで軟らかく煮込んだ料理で、同店の木目沢瑞枝さん(20)は「ハンガリーの食文化に親しんでほしい」と話した。

 開催店次の通り。

 トラットリアクッチーナ、カメレオン郡山ワイン&タパス、サカナバルマリスケリア郡山、郡山モノリス、ホテルハマツ・コーヒーハウストレール、ホテルハマツ・中国レストラン胡蝶花、郡山ビューホテルアネックス・レストランスプーン、フルーツレストランバーAIKA、うすい百貨店・北野エース(地下1階食品フロア)同・リカー売場(同)同・洋食器売場(7階リビングフロア)同・生活の木(同)