線路に車放置...口論止める警察官を殴る 公務執行妨害疑い逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2日午前1時40分ごろ、福島市伏拝のJR東北線の線路上で、貨物列車の運転士が線路上に放置されているライトバンを発見、緊急停車した。運転士から連絡を受けた担当者が110番通報した。福島署によると、ライトバンは踏切から線路上に入り線路に沿って数百メートル走行した可能性がある。同署が線路に入った経緯などを調べている。

 駆け付けた同署員が、線路上に放置されていたライトバン近くで口論している男性らを発見した。制止しようとした同署の男性署員(43)の顔を殴るなどしたとして、同署は同日午前1時50分ごろ、公務執行妨害の疑いで、同市、会社役員、容疑者(32)を現行犯逮捕した。

 同署によると、ライトバンには容疑者と知人ら複数人が同乗していたとみられる。容疑者は線路内に入った経緯について「良く覚えていない」などと話しているという。