記念誌「われら世紀の朝を行く」 小高中帰還で生徒らに配布

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
記念誌を手に「小高中の新たな門出に立ち会えることに喜びを感じる」と話す荒木校長

 小高中(南相馬市)は、旧小高・金房・福浦中開校70周年、小高中統合45周年、東日本大震災と原発事故による同市鹿島区の仮設校舎避難からの学校帰還・再開を祝う記念誌「われら世紀の朝を行く」を作製した。自身も統合小高中第1回卒業生の荒木清隆校長(60)は「小高中の新たな門出に立ち会えることに大きな使命と喜びを感じている。今後も一人一人が大きな夢を持って歩み、若い力が小高の街を眠りから覚ましてくれることを信じて次代を託したい」と話している。

 記念誌は小高区小中学校復興教育推進事業の一環として編集、発刊された。タイトルの「われら世紀の朝を行く」は校歌の一節から名付けた。

 記念誌はA4判74ページ。歴代校長や卒業生の寄稿をはじめ、東日本大震災発生時の小高区の様子などを多くのカラー写真で紹介している。500部作製し、全校生徒をはじめ関係機関などに配布する。

 小高中で2日、お披露目式が行われ、荒木校長が全校生徒説明した。