「黄色いハートかぼちゃ」新商品販売 小高産業技術高生が開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「黄色いハートかぼちゃ」を使い開発した新商品

 福島県の小高産業技術高の生徒4人が南相馬市特産の「黄色いハートかぼちゃ」を使い開発した新商品の販売会は4日、同市原町区のイオンスーパーセンター南相馬で開かれ、多くの買い物客でにぎわった。

 新商品はカボチャ本来の味を楽しめるパスタソースやスープ用の「かぼタージュ」と、餅にあえて食べることを想定した「かぼジャム」の2商品。6次化商品の製造を手掛ける地元団体の協力を得て、同校の商業研究部が企画、開発した。

 販売会ではいずれも流通ビジネス科2年で商業研究部に所属する生徒2人が店頭に立ち、商品の特徴などを来店客に説明した。また、昨年度に地元菓子店と共同開発した洋菓子「かぼちゃのあしあと」に同市小高区の日鷲神社と相馬小高神社のお守りが付いたセット商品も販売された。

 部長の生徒は「東京での販売会で学んだPR方法を生かし、多くの市民に食べてもらえるよう頑張りたい」と話した。新商品は期間限定で同市原町区のイオンスーパーセンター南相馬とまちなかひろばで販売される。