徳川家の「ひな人形」特別展示 須賀川市立博物館で企画展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
さまざまなひな人形について、学芸員から説明を受ける子どもたち

 須賀川市立博物館の企画展「雛(ひな)人形展―伝える想い―特別展示 徳川宗家の御人形」は6日、同市池上町の同館で始まった。来場者がさまざまなひな人形を見て、楽しんでいる。3月11日まで。

 同館が1970(昭和45)年に開館して以来、毎年開催している恒例の企画展で、同館所蔵の江戸時代~現代の「古今(こきん)雛」「享保(きょうほ)雛」などのひな人形とひな道具約300点が並ぶ。

 徳川記念財団の協力で、幕末の14代将軍徳川家茂(いえもち)に嫁いだ皇女和宮(かずのみや)が持っていた御所人形や、17代家正(いえまさ)の妻正子(なおこ)が島津家から嫁ぐ際に持ち寄った人形など4点も特別展示されている。

 初日の6日は鏡石町の岡ノ内幼稚園の年中児54人が来館し、学芸員からひな人形の由来などの説明を受け、珍しい人形に見入っていた。

 開館時間は午前9時~午後5時で月曜日は休館(祝日の場合は翌日休館)。観覧料は大人200円、大学・高校生100円、中学生以下と65歳以上無料。