おいしいナシ実って...青空剪定 福島の果樹農家

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
青空の下、雪が残るナシ畑で進められた剪定作業 =6日午前、福島市町庭坂

 6日の県内は会津の一部などで雪が降ったものの、中通りや浜通りを中心に晴れ間が広がった。

 福島市町庭坂の果樹農家佐藤孝男さん(56)のナシ畑では晴れ渡った空の下、「幸水」の剪定(せんてい)作業が行われた。

 佐藤さんは雪が残るナシ畑で、花芽や枝ぶりを確認しながら丁寧に枝を切り落とした。「昨年のナシは天候の影響で糖度がやや低かった。今年はおいしいナシが実ってほしい」と佐藤さん。剪定作業は今月末ごろまで続く。