平昌3選手にエール 猪苗代中生が横断幕制作、寄せ書きも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
猪苗代中に関わりの深い3選手を応援する横断幕を作った生徒ら

 猪苗代町の猪苗代中は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出場するフリースタイルスキー・モーグルの遠藤尚選手(27)=忍建設=とノルディックスキー複合の渡部剛弘選手(24)=ガリウム、平昌冬季パラリンピックに出場するアルペンスキーの鈴木猛史選手(29)=KYB=を応援しようと、横断幕を作った。

 同校は遠藤、鈴木両選手の母校であり、渡部選手の妹奈央さん(1年)が通学していることから生徒会が発案した。生徒と教員合わせて約300人が縦90センチ、横1・35メートルの横断幕に活躍を願って寄せ書きをした。

 5日に贈呈式が行われた。現地で渡部選手を応援する渡部奈央さんに中田晴人生徒会長(2年)が横断幕を手渡し、「猪苗代の名を世界に広め、金メダルを期待している」と語った。

 遠藤、鈴木両選手の横断幕は後援会や両親に贈られる。