「小さな針にも感謝の気持ち」 郡山・今泉女子専門学校で針供養

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
古くなったり折れた針に感謝の気持ちを込めて供養する生徒=8日午前、郡山市

 郡山市の今泉女子専門学校(今泉玲子校長)は8日、同校で古くなった針を供養する針供養祭を行い、生徒が日ごろ使っている針に感謝し、和裁や洋裁のさらなる技術向上を誓った。

 針供養は、折れた手縫い針などをこんにゃくや豆腐などやわらかいものに刺していたわる行事。針仕事を休むとされている2月8日を中心に毎年行われており、同校では自作の衣装を身にまとった生徒や教職員約100人が出席した。今泉校長が「小さな針にも感謝の気持ちを持ってほしい」とあいさつ。生徒代表が玉串をささげ、学友会長の渡辺睦さん(ファッションクリエイトコース4年)が「技術向上に精進する」と供養の言葉を述べた。

 生徒一人一人が感謝の気持ちを込めて、花で飾られた豆腐に曲がった針や折れた針を刺した。供養された針は代表の生徒が玄関前の針塚に納めた。