長さ12メートルの「大わらじ」...願い込め奉納 福島・羽黒神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
威勢のよい掛け声を上げながら羽黒神社を目指す大わらじ=10日午後、福島市・信夫山

 日本一の大わらじを福島市の信夫山の羽黒神社に奉納する「信夫三山暁まいり」が10日、2日間の日程で始まった。初日は白装束の若者ら約100人が大わらじを担いで中心市街地約10キロを練り歩き、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)、身体強健を願って奉納した。

 暁まいりは江戸時代から300年以上続く羽黒神社の祭礼。同神社に安置されていた仁王像の足の大きさの大わらじを作って奉納したことが由来とされている。

 長さ約12メートル、幅約1.4メートル、重さ約2トンの大わらじは同市御山の大わらじ作業所を出発。担ぎ手が「わっしょい。わっしょい」と勇ましい掛け声を響かせながら、雪の残る山道を登った。夜には信夫山麓の大鳥居から羽黒神社まで一気に駆け上がる福男福女競走が行われ、出場者が健脚を競った。

 最終日の11日は午前11時から、護国神社で先着100人に紅白餅が振る舞われる。