被災地の将来像語り合う 南相馬で対話集会、福島ダイアログ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
被災地の将来像などを語り合った対話集会

 福島県復興を考える「福島ダイアログ・南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会」は最終日の11日、南相馬市民情報交流センターで対話集会を開き、参加者が被災地の将来像などを語り合った。

 有識者らでつくる南相馬ダイアログ実行委が国際放射線防護委員会(ICRP)の協力で企画。

 地元住民や行政、医療関係者などが参加し、同市の現況や放射線の状況、復興公営住宅での暮らし、営農再開などについて発表や対話を行った。

 ICRPのジャック・ロシャール副委員長は「対話を通じてICRPは多くのことを学んだ。今後の放射線防護に大いに役立つだろう」と締めくくった。