会津中心に大雪続く 只見68センチ、金山32センチ...落雪に注意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日の福島県内は冬型の気圧配置の影響で会津を中心に大雪となった。福島地方気象台によると強い冬型の気圧配置は13日にかけて続く見込みで、会津を中心に大雪が続く所がある見通し。同気象台は大雪による交通障害や屋根からの落雪に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると12日午後8時までの24時間降雪量は只見町68センチ、金山町32センチ。都市部でも会津若松市22センチ、福島市10センチなどとなった。積雪の深さは只見町で269センチとなった。

 13日午後9時までに予想される24時間降雪量は、多い所で会津の平地40センチ、山沿い60センチ、中通りの平地20センチ、山沿い30センチ。