「パンのおとも」ジャムやペースト試食販売 福島県内の農家ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
実際に試食をし、生産者と触れ合う市民

 福島県産品の販売を通した復興支援に取り組む「手づくりマルシェ実行委員会」は12日、福島市のアオウゼで、県内の農家が手掛けたジャムやペーストなどの試食販売会を開いた。

 果物などの県産品をより身近に感じてもらおうと企画した。ジャムなどの加工品を「パンのおとも」と称して販売したほか、市内のパン店も出店し、来場者が自分だけの「おとも」選びを楽しんだ。

 会場にはモモやリンゴ、カキなど、本県が誇る果物の甘い香りが広がった。来場者が「おとも」の感想を農家に伝える場面もあり、味だけでなく交流も楽しんでいた。