いわき・小名浜で連続「不審火」 河川敷や竹やぶの下草など焼く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前11時40分~午後0時5分の間に、いわき市小名浜で下草などを焼く火災が2件あった。いずれも現場に火の気がないことから、いわき東署は何者かが火を付けた疑いがあるとみて、出火原因を調べている。

 同署によると、同日午前11時40分ごろ、同市小名浜の藤原川河川敷の斜面から出火、下草約0.29アールを焼いた。約25分後の午後0時5分ごろ、同市小名浜の竹やぶから出火し、竹や下草約0.25アールを焼いた。いずれもけが人はなかった。火災現場の直線距離は約600メートル。1件目は小名浜自動車学校近くの河川敷で、2件目は鹿島神社付近だった。同署は火災発生時の目撃情報などを収集している。

 同署管内では、1月中旬から今月上旬にかけて、原因不明の火災が計4件発生しており、同署が関連を調べている。