「こころゆるりん」どうぞ 日本酒女子会が初企画、若松で限定販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「こころゆるりん」をPRする氏家代表(右)と渡辺社長

 日本酒好きの女性団体「日本酒女子会」と笹正宗酒造(喜多方市)が共同で企画、製造した日本酒「こころゆるりん」の販売が13日までに、会津若松市の渡辺宗太商店で始まった。

 「こころゆるりん」は女性や日本酒初心者向けの日本酒として、同会が初めて企画し、同酒造と造った。

 県産の酒造好適米「夢の香」を使用した純米生酒で、同店の渡辺宗太郎社長は「酸味があって軽やかで飲みやすい」と薦める。

 同店で限定250本を発売中。

 同会の氏家エイミー代表は「まだ日本酒を飲んだことがない人に飲んでほしい。ラベルもかわいいのでプレゼントにもぜひ」とPRする。

 720ミリリットル入り1850円(税込み)。

 問い合わせは同店(電話0242・22・1076)へ。