双葉郡立診療所が17日診療開始 いわきの復興住宅・勿来酒井団地内

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市勿来町の復興公営住宅「勿来酒井団地」の敷地内に整備された双葉地方広域市町村圏組合の双葉郡立勿来診療所が17日、診療を開始する。診療開始に先立ち、13日午前10時から、現地で開所式が行われる。

 東京電力福島第1原発事故に伴い多くの避難者が生活するいわき市での双葉郡立診療所の開設は、同市好間町の好間診療所に続き2カ所目で、住民の心身の健康を支える医療環境の充実が図られる。

 勿来診療所には内科と歯科が設けられ、火、木曜日の週2回診療する。時間は午前9時~正午、午後1時~同4時30分。医師、歯科医師、看護師ら14人体制で対応する。

 建物は鉄骨造り2階建てで、診察室や歯科診察室、コンピューター断層撮影装置(CT)、内視鏡検査装置などが整備された。