伊達・保原で銀行強盗 男が押し入り現金要求、何も取らず逃走

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午前9時50分ごろ、伊達市保原町の東邦銀行保原支店に男が押し入り、現金を要求、何も取らずに逃走した。伊達署によるとけが人はなく、被害もなかった。同署は強盗容疑事件として捜査、男の行方を追っている。

 同署によると、押し入ったのは男1人。年齢は20~30歳、身長は160~170センチで、黒色のジャンパー、ベージュ色のズボンを着用、白色のスニーカーを履いていたという。