郡山駅構内で無人の列車同士「接触」 1台500メートル移動か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午後8時45分ごろ、郡山市のJR郡山駅構内の車両入れ替えを行うための線路で列車2台が接触しているのを運転士が発見した。JR東日本福島支店によると、けが人などは確認されていない。接触した2台のうち1台は発見場所から約500メートル北に停車中に何らかの原因で移動したとみられるという。同社から連絡を受けた郡山署も状況の確認を進めている。

 同社によると、移動したとみられるのは東北線や磐越西線で使用の車両。もう1台は貨物列車用の車両を移動させるための機関車で、いずれも無人の状態だった。車両は鍵を掛けて車止めをして置いてあったという。営業車両への影響はなかった。