電動自転車貸します!楽々喜多方巡り 15日開始「魅力見つけて」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
喜多方ラーメン神社で貸し出す電動自転車と利用を呼び掛ける星社長(右)と高橋代表

 自転車で喜多方市の桜を観賞しませんか―。観光客の滞在時間を増やそうと、同市で自転車を使った観光誘客が進められている。同市の若手経営者らでつくる会津喜多方グローバル倶楽部などは15日、同市の中心部にある観光施設・喜多方ラーメン神社を拠点に電動自転車のレンタサイクル事業「fIELD gREEN」(フィールド・グリーン)を始める。

 市によると、昨年の観光客は約186万人だが、宿泊場所が少ないなどの理由で、観光客の滞在時間が短いことが課題となっている。「市内は自転車で巡れる範囲に観光施設が多く、自転車を使った観光は向いている」と市の担当者。既に同市の飲食店や観光地には競技用自転車などを引っかけて駐輪する「サイクルハンガー」が、民間団体によって設置されるなど、自転車環境の整備が進んでいる。

 同倶楽部も桜の観賞や蔵巡りなどを楽しみながら市内を周遊する交通手段として自転車に目を付け、電動自転車の貸し出しを考えた。同市のヨシハラ商会(高橋真志代表)から電動自転車3台の提供を受け、利用状況によっては貸し出し台数の増加も検討する。

 利用者には四季ごとに市内のお薦め場所が変わる地図を手渡す。地図にはQRコードが付いており、スマートフォンの地図アプリから目的地までを簡単に検索できる。利用には2時間と3時間のコースがあり、3時間コースの利用者には市内のラーメン店や土産店などで利用できるチケットがもらえる。同倶楽部の星龍弥社長(40)は「電動自転車で市内を巡り、新しい喜多方を見つけてほしい」と話している。

 利用時間は午前10時~午後4時で、料金は2時間コースが2000円、3時間コースが2500円。前日までに予約が必要。問い合わせは喜多方ラーメン神社、またはヨシハラ商会へ。