夜空彩る大輪 浪江で花火大会、仮設商店街から歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
浪江の夜空を彩った花火

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が帰還困難区域を除き昨年3月末に解除された浪江町で14日、恒例の花火大会が開かれ、訪れた人たちが夜空に打ち上げられた約700発の大輪に見入った。

 花火大会は避難指示が解除された昨年に続いて開催。

 あいにくの雨だったが、花火が夜空を彩ると、町仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」の来場者などから歓声が上がった。