「みずウオーク」準備着々 12日・福島大会、当日参加も受け付け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
のぼりが設置されるなど、本番に向け準備が進む会場

 福島市の清流、荒川沿いを歩く「うつくしま・みずウオーク2018福島大会」は12日、同市のあづま総合運動公園の花広場を発着点に開かれる。10日は会場周辺で準備作業が行われた。

 福島民友新聞社、読売新聞社、福島中央テレビ、県ウオーキング協会、福島市でつくる実行委員会の主催。本年度、県内で開かれる5大会の第1弾。コースは5キロ、7キロ、12キロの各コースと、小、中学生と保護者が歩きながら自然や文化を学ぶ「まなぶん3キロコース」。

 当日は午前8時から受け付け、同9時から開会式を行い、同9時30分にスタート。フィニッシュ後は豚汁の振る舞いやお楽しみ抽選会がある。当日申し込みも可能。問い合わせは福島民友新聞社事業局(電話024・523・1334)へ。