なりすまし100万円超被害 いわきの70代男性、通帳とカード手渡す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の70代男性が、金融庁職員を名乗る男の電話を信じて通帳とキャッシュカードをだまし取られていたことが11日、いわき中央署への取材で分かった。

 同署の調べでは、口座から少なくとも100万円以上が引き出されていたという。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、10日午前11時ごろ、男性宅に男から電話があり「あなたの口座から金が引き出されている。新しい通帳に取り換える必要がある。ハセガワという職員が取りに行くので通帳とキャッシュカードを渡してほしい。新しい通帳は翌日渡す」と話した。

 男性が電話している間に、ハセガワを名乗るスーツ姿の男が自宅を訪れ、男性は男に通帳1通とキャッシュカード2枚を渡し、暗証番号を教えたという。

 男性は11日、約束の時間になっても男から連絡がないのを不審に思い、同署に届け出て被害が分かった。