伊達・梁川で「コンビニ強盗」事件 男が店員脅し現金奪い逃走

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
強盗が入った店を調べる捜査員=15日午前6時50分ごろ、伊達市梁川町

 15日午前5時ごろ、伊達市梁川町のセブン―イレブン福島梁川右城町店から「強盗が入った」と110番通報があった。男1人が男性店員を脅し現金数万円を奪って逃走した。店員は男に包丁のようなもので手を切られ、けがを負った。伊達署は強盗致傷事件として逃げた男の行方を追っている。

 同署によると、男は20代くらいで身長は160~170センチの中肉。顔にマスクとめがねを着け、黒色のジャンパーと黒色のズボンを着用していた。店員は男ともみ合いになった際に手を切られたが、命に別条はないという。

 現場は同市梁川町の市街地で、近くには小、中学校や高校がある。

 同市では4月12日に保原町の東邦銀行保原支店で強盗未遂事件が発生した。