早朝のコンビニ強盗に衝撃「犯人近くに」 児童登下校付き添い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日午前5時ごろ、伊達市梁川町のセブン―イレブン福島梁川右城町店で強盗事件が発生した。現場は市街地で、近くには小、中学校や高校がある。

 事件発生を受け、小学生の登下校の時間帯には児童に保護者が付き添い、教職員が通学路で見守る姿が見られた。

 同市教委によると、現場周辺の小学校5校は事件を受け、一部の学年の下校時間を繰り上げ、一斉下校にした。他の小学校も通常より早く児童を下校させるなどした。中学校は部活動を取りやめた。

 小学生の子どもがいる同市の会社員男性(32)は「(現場は)子どもたちの通学路に面している。危険が及ばないように早く犯人が捕まってほしい」と話した。

 現場周辺には住宅も多く、近くに住む80代女性は「犯人が近くにいるかもしれないと思うと怖い」と語った。