偽装結婚疑いで4人逮捕 郡山市役所に中国籍女と虚偽の婚姻届

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 虚偽の婚姻届を提出し、偽装結婚したとして、郡山署は16日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで郡山市、会社員、男(46)ら4容疑者を逮捕した。

 逮捕されたのは、46歳の容疑者のほか、同市、中国籍、飲食店従業員、女(26)、同市、会社員、女(47)、同市、会社社長男(51)の3容疑者。

 4人の逮捕容疑は、共謀して2014(平成26)年7月上旬ごろ、結婚の意思がないのに46歳男、26歳女の両容疑者が虚偽の婚姻届を郡山市役所に提出した疑い。47歳女、51歳男の両容疑者は2人の婚姻届提出をあっせんしたという。

 同署によると、46歳男、47歳女の両容疑者は51歳容疑者男が経営する会社の社員。47歳容疑者女は26歳容疑者女と10年以上前からの知人という。同署は動機などを調べている。

 地検郡山支部は16日、入管難民法違反の疑いで46歳男、26歳女の両容疑者を起訴した。起訴状によると、両被告は昨年7月ごろ、26歳女被告が在留期間の延長を申請する際、46歳男被告と同居しているとのうその申請をした、としている。