福島県産酒6年連続日本一 金賞19銘柄、全国新酒鑑評会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
記念パネルを除幕し6年連続日本一を喜び合う内堀知事(前列右から4人目)と関係者ら=17日、県庁

 酒類総合研究所(広島県東広島市)は17日、2017酒造年度(17年7月~18年6月)の日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会の審査結果を発表した。

 福島県は、特に優れていると評価された金賞酒に19銘柄が選ばれ、都道府県別で兵庫県と並び全国最多となった。記録が確認できる1956(昭和31)酒造年度以降、史上初の6年連続日本一を達成した。

 福島県の金賞銘柄数最多は通算8度目。

 都道府県別の金賞の数は、本県と兵庫県に次いで新潟が14、秋田、宮城が13だった。2001酒造年度以降の金賞受賞では「奥の松」の東日本酒造協業組合(二本松市)が10年連続で県内最多の16度目。国権酒造(南会津町)が11年連続14度目。金水晶酒造店(福島市)名倉山酒造、鶴乃江酒造(会津若松市)豊國酒造(会津坂下町)四家酒造店(いわき市)が12度目の金賞を獲得した。

 本県は前回の5連覇でそれまで最多の広島県に並んだ。今回は日本酒の出来を左右するコメの質にばらつきがあり対応が難しいとされていたが、本県の酒蔵は高い製造技術で補い6連覇を達成。技術力と品質の高さを証明した。

 県などは、県内外や海外にアピールし、県産酒の風評払拭(ふっしょく)と販売促進を強める構えだ。

 今回は全国から850点の出品があり、入賞は421点。このうち金賞が232点だった。本県は入賞数でも全国最多の31点で、新潟30点、長野29点と続いた。

 このほか、東日本大震災で浪江町から拠点を移した鈴木酒造店長井蔵(山形県長井市)も入賞を果たした。

 史上初の快挙を受け、福島市のコラッセふくしまにある県観光物産館では、受賞蔵元の日本酒が来場者に振る舞われた。

◆快挙祝うパネル除幕 23日から福島県庁西庁舎に展示

 全国新酒鑑評会で本県の19銘柄が金賞に輝き、金賞銘柄数で6年連続日本一となったことを受け、県は17日、県庁で日本一をたたえる記念パネルの除幕式を行い、金賞受賞蔵の関係者らが快挙達成の喜びを分かち合った。

 内堀雅雄知事と県酒造組合の新城猪之吉会長、酒蔵の代表らがパネルを除幕。

 内堀知事は県内蔵元の栄誉をたたえた上で「国内外で福島の素晴らしい酒をPRしていきたい」と述べ、18、19の両日にいわき市で開かれる「太平洋・島サミット」や29日からの米ニューヨーク訪問で県産日本酒の品質の高さやおいしさを発信する考えを示した。

 酒蔵からは、金水晶酒造店の斎藤美幸社長、東日本酒造協業組合(奥の松酒造)の遊佐丈治社長、人気酒造の遊佐勇人社長、渡辺酒造本店の渡辺康広社長、佐藤酒造の木村和宏製造リーダー・販売リーダー、豊国酒造(古殿町)の矢内定紀代表社員、大和川酒造店の佐藤雅一専務、名倉山酒造の松本善六社長、榮川酒造の宮森優治取締役、鶴乃江酒造の向井洋年統括部長、曙酒造の鈴木孝市製造責任者、豊國酒造(会津坂下町)の長原裕美社員、会津酒造の渡部景大社長、四家酒造店の四家久央代表社員らが出席した。

 パネルは23日から、県庁西庁舎2階の県民ホールに展示する。