郵便局員が機転 70代女性に声掛け、「なりすまし」被害防ぐ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県警によると、伊達市の70代女性方に17日、息子を名乗る男からの不審電話があった。郵便局職員が被害を防いだ。県警は「なりすまし詐欺」につながるとみて注意を呼び掛けている。

 電話があったのは同日午前10時50分ごろ。同市霊山町の70代女性方に息子を名乗り、「女性を妊娠させた」「示談金で200万円必要だ」「郵便局で通帳とカードを作ってほしい」などと電話があった。

 話を信じた女性は口座を開設しようと掛田郵便局を訪れたが、職員が不審に思って女性に声を掛け、被害を防いだ。